トラブルを避けるためには雇用契約書をもらうべき

渋谷アルバイト > 雇用 > トラブルを避けるためには雇用契約書をもらうべき

トラブルを避けるためには雇用契約書をもらうべき

会社で働くということは、会社と雇用契約を結ぶということです。
会社は求人の際に条件を提示して、応募者はその条件を承諾したとみなして、採用時に雇用契約書を交付しない会社も中小企業では少なくありません。
契約は書面にしなくても当事者同士が合意すれば成立しますが、互いに誤解がないかを確認するために契約書を作成し、双方がそれぞれ控えを持っていれば安心です。
いったん就職して働き始めると、労働者から会社に話が違うと掛け合うことは難しいので、雇用契約書の書面を作っておくとお互いに安心です。